祇園・東山

いづう | 京寿司の老舗で、”京都サマースペシャル”を活用

訪ねた日 2019年8月18日(日)

京都サマースペシャルの冊子を熟読していると、いづうの”サマースペシャル特別メニュー”がお得で美味しそう。
(クーポンが必要などの縛りはありません。ネットや冊子をみて掲載されているお店のメニューをチェック。来店するだけです。)

京都サマースペシャルについてはコチラをご参考にして下さい。
【プチ情報】2019京都レストランサマースペシャル

いづうのサマースペシャル特別メニューいづうのサマースペシャル特別メニュー

 

名物の鯖姿寿司だけでなく、鱧姿寿司、しば漬けの押し寿司をちょっとずつ食べられるメニューになっています。

この機会を利用しないワケにはいかないと、さっそく行ってきました。

いづうはこんな人におすすめ

・発酵食品が好きな人

・京寿司を代表する老舗(1781年創業)はどうなの?と確かめたい人

いづうのようす

いづうの外観いづうの外観

 

いづうの内観いづうの内観

 

1階だけのテーブル席が4つ。

持ち帰りがメインなので、店内での飲食の予約は受け付けていません。

日曜日の午後1時に伺いましたが、待たずに入れました。

 

いづうの坪庭いづうの坪庭

 

小さいながらもステキな坪庭がありました。

 

いづうのお料理

サマースペシャル特別メニュー(3,500円税サ込)を頂きました。

いづうのサマースペシャル特別メニューいづうのサマースペシャル特別メニュー

 

姿寿司・・・魚の姿を崩さないように作った鮨。鮎(あゆ)・小鯛(こだい)などの骨と内臓だけを取り除いて酢(す)で締め、鮨飯の上にのせて作る。出典:コトバンク

いづうの鯖姿寿司の断面いづうの鯖姿寿司の断面

 

初代いづみや卯兵衛の卯から、鯖姿寿司の断面はウサギに見立ててあります。

鯖姿寿司の昆布をとる鯖姿寿司の昆布をとる

 

いづうの鯖姿寿司の昆布は外して食べます。昆布は食べても食べなくても。

昆布をめくると、糸がひきました。

口に入れると、ほど良く発酵が進んでいて、美味しい。

昆布を外して食べるのは納得。

昆布だけを食べると、しっかりとした歯ごたえでした。

鱧姿寿司は甘めの味付けがされてありました。

 

いづうの水物いづうの水物

 

水物はほうじ茶のプリンでした。

いづうのほうじ茶のプリンいづうのほうじ茶のプリン

 

サマースペシャル特別メニューには水物がつきます。

通常は水物を提供されていないので、まったく期待していませんでした。

ふうーん、って感じで口に入れると、ほうじ茶の味とプリンのキャラメルが相性抜群。

虚を突かれるとはこういう事を言うんですね。

美味しかった。

ほうじ茶って、将棋の歩みたいですね。

ほうじ茶の時は特別感はないのに、スイーツになった途端、格上げして歩が金になったかのよう。

村上開新堂カフェでも、おおっと思いました。詳細はコチラ⇒【二条城・西陣・御所 立ち寄りスポット】村上開新堂 | 京都にもある洋菓子の老舗

お得感いっぱい、京都サマースペシャルの期間に行かれてはどうですか?

いづう近くのお立ち寄りスポットはコチラ。⇒祇園・東山 お立ち寄りスポット

いづう 美食俱楽部 部員の感想

店内で、いろいろな種類の寿司が食べられて良かったです。

持ち帰るなら、やっぱり鯖姿寿司ですね。

発酵食品の良さが最近、わかるようになりました。

歳をとったということかな。

ほうじ茶はお茶として飲むより、スイーツで食べるほうが味わい深いものになっています。

いづうの詳細

公式サイト 

住所京都市東山区八坂新地清本町367
電話075-561-0751
営業時間午前11時~午後10時(日曜日・祝日は午後9時まで)
お土産ご予約の上午前8時より木戸口にて
定休日火曜日(祝日や祭事らの際は営業)
支払いクレジットカードはDinersのみ利用可

 

*夏は鱧がメインになるため、7、8月は穴子は扱われていません。

*祇園祭(7月)の期間は八坂神社の紋が胡瓜に似ている(諸説あり)ため、胡瓜は扱われていません。

 

また美味しいもの食べたい!働こう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA