祇園・東山

ふぐを思う存分頂いてきました。|いがらし

訪ねた日 2020年2月23日(日)

いがらしのてっさいがらしのてっさ

 

ふぐ料理を頂いてきました。

私にとってフグは高級です。有名な格言?に「買わない理由が値段なら買え、買う理由が値段なら買うな」を身をもって実感しました。

おもいきって行ってよかった。

いがらし

 

東大路通を東に知恩院がすぐにみえるところに、いがらしはあります。

明治20年に仕出し屋としてはじまり、現在はふぐの専門店。

天然フグにこだわられているので、営業期間が限られています。お店へ確認してください。

 

いがらしの基本情報

 

公式サイトがないので、京名物 百味會を参考にしました。

住所京都市東山区知恩院前東入ル
電話075-525-2901
営業時間午後4時半~午後9時(オ-ダ-ストップ)
予約要予約

 

 

いがらしのようす

 

いがらしの外観いがらしの外観

 

いがらしの内観いがらしの内観

 

店内はいままでの老舗のイメージとはまったく違いました。

大将によると知恩院に近いこともあり、織田信長をイメージしたそうです。

十五代将軍足利義昭が織田信長に対して挙兵した際、義昭は二条城、信長は知恩院に布陣、勝利を収めた信長はこの時のお礼として銀や米などを知恩院へ寄進しています。

出典:浄土宗総本山知恩院公式サイト

 

なのでテーブルのつまようじ入れは赤に。

赤は織田信長のイメージですよね。

いがらしの内観2いがらしの内観

 

こだわりのある内装です。

いがらしのお料理

 

焼きふぐが1種つくコース19,000円(税サ別)をいただきました。
サービス料8%です。

他のコースは、基本コースが付きだし2種、てっさ、てっちり、おじや、水物で15,000円(税サ別)。

基本コースにふぐの唐揚げを加えると17,000円(税サ別)、それに焼きふぐを2種加えると21,000円(税サ別)となります。

焼きふぐ1種は味噌をつけたもの、2種は味噌をつけたものとウィスキー・醤油をつけたものです。

焼きふぐ1種のコースを選んだのですが、食べ比べたくてお連れさんは味噌をウィスキー・醤油にかえてもらいました。

 

いがらし ふぐの煮凝りいがらし ふぐの煮凝り

 

今まで食べた煮凝りとちがい、ゼラチン部分はしっかりとした食感。

全てふぐからとったゼラチンだそうです。

いがらしの身皮のゆびきいがらしの身皮のゆびき

 

皮のゆびきはよくありますが、身皮のゆびきでした。

身皮???

身皮・・・ふぐの皮をむくと、身に粘膜質の薄皮が残ります。この薄い皮のことを「身皮(みかわ)」と呼びます。

この皮を取ってしまわないと美しい刺身にすることができません。この皮を剥ぐために身の一部といっしょに剥いでしまいます。

その名の通り身がついた皮のため、特に旨味を感じられる部位です。
この部位は細切りではなく、少し大きめに切って提供されることもあります。

出典:ふぐマガ

 

いがらしのてっさいがらしのてっさ

 

真ん中はあかふぐ。

初めて食べるものばかり。

外側のふぐよりも味がしっかりありました。

どちらも豊後水道のふくです。

大将が「豊後水道のは味がのっていて一番美味しい。」とおっしゃってました。

味がのる?はじめてきく表現。よくわからないなあ。

と、思っていたのですが一口たべると、なるほど。

ああ、このことね。うん、うん、味のってる。

この時をさかいに私も”味がのっている”がわかるようになりました。

いがらしの唐揚げいがらしの唐揚げ

 

いがらしの焼きしいたけいがらしの焼きしいたけ

 

肉厚でうま味たっぷり。

いがらしの焼ふぐいがらしの焼ふぐ

 

味噌につけたフグを大将自ら焼いてくださいます。

いがらし 味噌の焼ふぐいがらし 味噌の焼ふぐ

 

いがらしのウイスキー・醤油つけの焼きふぐいがらしのウイスキー・醤油つけの焼きふぐ

 

いがらしの焼きふぐ(くちばし)いがらしの焼きふぐ(くちばし)

 

いがらしのてっちりいがらしのてっちり

 

いがらし とりわけたてっちりいがらし とりわけたてっちり

 

てっちりにすると身の柔らかさがきわだちます。

 

ふぐの白子と皮ふぐの白子と皮

 

サービスで白子と皮をいただきました。お鍋にしゃぶしゃぶ。

皮を鍋にとおす皮を鍋にとおす

 

コラーゲンがいっぱいって感じです。明日のお肌が楽しみ。

ふぐの白子を鍋へふぐの白子を鍋へ

 

他の魚の白子は濃厚でクリーミーなイメージです。

ふぐの白子をはじめて食べましたが、舌触りは他の白子のようになめらかですが予想していたほど濃厚な味ではありません。なので余計にペロリと食べられてしまいます。2、3人分くらいサラッと食べられそう。

 

てっちりのお出汁てっちりのお出汁

 

塩だけで味がととのえられています。

灰汁もなく、もちろん臭いもなく。究極のお出汁。
お出汁が好きって人でないと響かないかも。
味が繊細。

いがらしのおじやいがらしのおじや

 

いがらしの水物いがらしの水物

 

最後まで贅沢で美味しいものをいただきました。

いがらし 美食俱楽部 部員の感想

 

美味しいものを食べると顔がほころびますね。

ふぐはどれも美味しかったのはもちろん、大将のこまやかな接客で美味しく楽しい時間をすごせました。

また来店したいです。

お立ち寄りスポットはコチラ⇒祇園・東山 立ち寄りスポット

 

今まで訪れた老舗の創業順一覧はコチラ⇒創業年表

 

また美味しいもの食べたい!働こう!

美食俱楽部 部員
やまもとしょうこ
美味しいものが食べたい。

どうすれば効率良く美味しいものにたどり着けるのか。

芸術のように良いものなら、時代を超えて受け継がれていくはず。

料理にも、あてはまるのでは?

伝統をたよりに、京都の老舗料理店を食べ歩いています。

美味しくても不味くても、事実を投稿。

  このブログを読んだ人と交流・情報交換が出来たらと思い、コメント欄を公開してますので、何か意見や情報があれば書き込んでください。

>>プロフィールを兼ねた”やまもと しょうこの味覚”の詳細はこちら<<

にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ にほんブログ村
グルメランキング
\ Follow me /

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA