三~五条×河原町~大宮

烏羽玉とスライスようかん|亀屋良長

訪ねた日 2020年2月2日(日)

壬生寺の節分厄除大法会のかえりに立ち寄りました。

焼きあがったスライスようかんをのせた食パン焼きあがったスライスようかんをのせた食パン

亀屋良長

 

1803年創業。

烏羽玉が名物ですがここ最近ではスライスようかんも人気の老舗です。

亀屋良長の基本情報

 

住所京都市下京区四条通油小路西入柏屋町17-19
電話075-221-2005
営業時間9:00~18:00(茶房 11:00~17:00)
休業日年中無休(元旦、2日除く)
アクセス市バス:「四条堀川」下車すぐ
(京都駅からは9、50、101番に乗車)電車:阪急大宮駅 東出口から徒歩5分
阪急烏丸駅 24番出口から徒歩10分
地下鉄烏丸線四条駅 24番出口から徒歩10分
京福電鉄嵐電 四条大宮駅より徒歩6分

 

 

 

亀屋良長の様子

 

亀屋良長の外観亀屋良長の外観

 

亀屋良長の内観亀屋良長の内観

 

店内に茶房もあります。

亀屋良長の醒ヶ井亀屋良長の醒ヶ井

 

お店のそとに井戸があり、だれでも水をいただけます。
お店の営業時間以外は水は止めてあるそうです。

もちろん店内でも紙コップが用意されてあり、醒ヶ井水を頂けます。
私はペットボトルを持参して持ち帰りました。

亀屋良長の醒ヶ井水の案内亀屋良長の醒ヶ井水の案内

 

亀屋良長の注文

 

烏羽玉6個入り486円(税込み)とスライスようかん(小倉バター)540円(税込み)を買って帰りました。

亀屋良長の烏羽玉と醒ヶ井の水でたてた抹茶亀屋良長の烏羽玉と醒ヶ井の水でたてた抹茶

 

 

抹茶は醒ヶ井水で点てました。

抹茶がおいしくなったような。

水のまま醒ヶ井水をいただくと、すごく柔らかいのがわかります。

以前イギリスへ行ったとき、水道水を直接飲みはしなかったのですが、顔をあらったら水がカクカクした感じでした。

その水とは対照的な柔らかさ。

醒ヶ井水をコーヒーでいただくと、はっきりと味のちがいがわかりました。

いつもより美味しくなっている。

抹茶は毎日のんでないから、わかりにくかったのかも。

亀屋良長の州浜亀屋良長の州浜

 

プレゼントで州浜もいただきました。

亀屋良長のスライスようかんの外包亀屋良長のスライスようかんの外包

 

亀屋良長のスライスようかんを食パンにのせる亀屋良長のスライスようかんを食パンにのせる

 

スライスようかんを食パンにのせ焼きます。

真ん中はバター。

焼きあがったスライスようかんをのせた食パン焼きあがったスライスようかんをのせた食パン

 

ようかんもバターもいい感じでとろけています。

ときどきケシがプチプチしておいしい。

 

今まで訪れた老舗の創業順一覧はコチラ⇒創業年表

 

また美味しもの食べたい!働こう!

美食俱楽部 部員
やまもとしょうこ
美味しいものが食べたい。

どうすれば効率良く美味しいものにたどり着けるのか。

芸術のように良いものなら、時代を超えて受け継がれていくはず。

料理にも、あてはまるのでは?

伝統をたよりに、京都の老舗料理店を食べ歩いています。

美味しくても不味くても、事実を投稿。

  このブログを読んだ人と交流・情報交換が出来たらと思い、コメント欄を公開してますので、何か意見や情報があれば書き込んでください。

>>プロフィールを兼ねた”やまもと しょうこの味覚”の詳細はこちら<<

にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ にほんブログ村
グルメランキング
\ Follow me /

POSTED COMMENT

  1. ニラ爺 より:

    烏羽玉、ご存じかどうか、ここで使われているのは沖縄県波照間島の黒糖です。日本最南端の有人島で、石垣島から船で1時間半以上乗ってようやく着くという離島です。沖縄の黒糖の中でもピカイチといわれ、その実ちまたではまがい物ばかりが売られています。そう、こんなもの食べていたら体に悪いだろうなあ、血糖値がいっぺんに上がるだろうなあという砂糖に近い黒糖です。
     昨年春に伊勢丹新宿店に出張販売でいらしていた折に店の方にうかがったところ、波照間島黒糖でなければこの味は出せないといわれていました。祇園きななという店でも波照間黒糖は使われているそうです。
     入手はそこらの店ではきわめて困難、毎年一月中旬から電話で直接頼むしかありません。送料が馬鹿にならないので100袋くらい注文しますが、人にあげているうちにあっという間になくなります。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA