三~五条×河原町~大宮

壬生寺|狂言『節分』をみる【四条(河原町~大宮)立ち寄りスポット】

訪ねた日 2020年2月2日(日)

節分の前日から2日間おこなわれる狂言をみてきました。

壬生寺

 

壬生寺の基本情報

 

住所京都市中京区坊城仏光寺北入る
電話075-841-3381
アクセス市バス「壬生寺道」下車。
阪急電車「大宮」駅、嵐電「四条大宮」駅下車。
有料駐車場あり。

 

 

壬生寺の様子

 

壬生寺の入り口壬生寺の入り口

 

11時ころのようす。

いつもとちがって人も露店もいっぱい。

壬生寺の炮烙販売壬生寺の炮烙販売

 

炮烙をうる店も何軒かありました。

 

壬生狂言拝観通路壬生狂言拝観通路

 

壬生狂言をみるために、11時半ですでに並んでいる人が。

壬生狂言のためにならぶ壬生狂言のためにならぶ

 

お参りや散策をすませて私も、狂言開始の1時間まえにならびました。

20分ほどたち、ふりかえると

壬生狂言の行列壬生狂言の行列

 

 

壬生狂言『節分』

 

残念ながら撮影は禁止です。

1日8回の入れ替わり制。

13時から毎時『節分』が演じられます。

所要時間は約45分でした。

壬生狂言拝観通路壬生狂言の観覧建物

 

前の建物の中でおこなわれるようにおもっていましたが、この建物が観客せきでした。

この建物の2階にあがり、まえにある能楽堂をみるようになっています。

建物の中とはいえ、壁がなく日陰なので寒かったですが来てよかった。

能面をつけ、せりふがなくても内容が伝わるようになっています。

壬生寺の大護摩供養壬生寺の大護摩供養

 

狂言をみおえて出てくると大護摩供養がおこなわれていました。

 

今まで訪れた老舗の創業順一覧はコチラ⇒創業年表

 

またいいものみたい!働こう!

美食俱楽部 部員
やまもとしょうこ
美味しいものが食べたい。

どうすれば効率良く美味しいものにたどり着けるのか。

芸術のように良いものなら、時代を超えて受け継がれていくはず。

料理にも、あてはまるのでは?

伝統をたよりに、京都の老舗料理店を食べ歩いています。

美味しくても不味くても、事実を投稿。

  このブログを読んだ人と交流・情報交換が出来たらと思い、コメント欄を公開してますので、何か意見や情報があれば書き込んでください。

>>プロフィールを兼ねた”やまもと しょうこの味覚”の詳細はこちら<<

にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ にほんブログ村
グルメランキング
\ Follow me /

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA