三~五条×河原町~大宮

永正亭|漫画「カラスのいとし京都めし」で紹介された老舗でお蕎麦

訪ねた日 2020年1月19日(日)

京都の老舗でおいしい蕎麦をたべるのをあきらめていました。

しかし漫画「カラスのいとし京都めし」に蕎麦のおいしい老舗が紹介されていると知り、伺うことに。

永正亭

 

創業はわからないが、100年は経っているそうです。

永正亭の基本情報

 

公式サイトがないようなので、KYOTOdesignのサイトを参考にしました。

住所京都市下京区貞安前之町611
電話075-351-1970
営業時間11:00~20:00
定休日水曜日
アクセス阪急「河原町」下車 徒歩5分
市バス「四条河原町」 徒歩5分

 

 

永正亭のようす

 

永正亭の外観外観

 

開店の3分まえにお店のまえにいくと、もうすでに一組待っている人がいました。

並ぶと、あっという間に後ろに5,6人の列が。

 

永正亭の内観内観

 

入店して、しばらくすると席がいっぱいに。

2階にも席がありますが、すぐに相席になりました。

常連の人たちが混まないうちに来ている感じでした。

永正亭のメニュー永正亭のメニュー

 

永正亭のメニュー2永正亭のメニュー

 

 

 

永正亭のお料理

特田舎そば天ぷら入 780円(税込み)をいただきました。

永正亭の特田舎そば天ぷら入特田舎そば天ぷら入

 

すぐに席がうまりましたが、10分も待たずに頂けました。

ねぎ、きざみ海苔、生卵、大根おろし、海老の天ぷら。

お蕎麦がみえなほどの具だくさん。

生卵と大根おろしをからめると美味しい。

 

30分後ぐらいにお店を出ましたが、列はできていませんでした。

 

お立ち寄りスポットはコチラ⇒四条河原町~大宮 立ち寄りスポット

 

今まで訪れた老舗の創業順一覧はコチラ⇒創業年表

 

永正亭 美食俱楽部 部員の感想


生卵と大根おろしをまぜると美味しかった。

あたたかいのを注文しました。

猫舌の私でもすぐに食べられるほど、ぬるかった。

天ぷらは熱々でしたが、蕎麦からは湯気がでていませんでした。

食べて体があたたまるくらいの温かさはほしかった。

蕎麦は値段そうおうなのかな。

以前にもかいていますが、油がわるいとゲップがでます。

今回もすぐにゲップが。

天ぷらのころもは写真ではわかりにくいですが、実際にみると黒いものがついていました。

うーん、やはり京都老舗の蕎麦はもういいかな。

2019年11月~2020年1月に行った中からのおすすめ

美味しいもの食べたい!働こう!

美食俱楽部 部員
やまもとしょうこ
美味しいものが食べたい。

どうすれば効率良く美味しいものにたどり着けるのか。

芸術のように良いものなら、時代を超えて受け継がれていくはず。

料理にも、あてはまるのでは?

伝統をたよりに、京都の老舗料理店を食べ歩いています。

美味しくても不味くても、事実を投稿。

  このブログを読んだ人と交流・情報交換が出来たらと思い、コメント欄を公開してますので、何か意見や情報があれば書き込んでください。

>>プロフィールを兼ねた”やまもと しょうこの味覚”の詳細はこちら<<

にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ にほんブログ村
グルメランキング
\ Follow me /

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA