京都駅周辺

麒麟亭|大正の終わり頃に創業した美味しい和牛を頂ける老舗

訪ねた日 2019年12月28日(土)

麒麟亭のわらじビーフカツハーフ定食わらじビーフカツハーフ定食

 

麒麟亭

 

創業は大正の終わり頃で、はっきりしていないそうです。

麒麟亭の基本情報

公式サイトはコチラ

住所京都市下京区大宮通七条下ル御器屋町70-1
電話075-371-0058
営業時間[通常営業]11:30~14:30(入店は~14:00)/ 17:00~21:00(入店は~20:00)
※売り切れ次第終了させていただきます[昼のみ営業]11:30~15:00(入店は~14:15)
※売り切れ次第終了させていただきます
定休日不定休
アクセス市バス「七条大宮・京都水族館前」下車徒歩1分
駐車場道路向かいのコインパーキングがございます。

 

麒麟亭のようす

 

麒麟亭の外観外観

 

※内観は撮影禁止でした。

店内はコの字になったカウンター席が6席くらい、テーブル席2人掛けが2つ、4人掛けが1つくらいです。

高い天井の落ち着いた空間。

麒麟亭わらじビーフカツのメニューわらじビーフカツのメニュー

 

麒麟亭の定食詳細が書かれたメニュー定食詳細が書かれたメニュー

 

麒麟亭の牛鍋メニュー牛鍋メニュー

 

麒麟亭の他のビーフカツメニュー他のビーフカツメニュー

 

麒麟亭のお料理

 

”わらじビーフカツ ハーフ定食”1,600円(税込み)を頂きました。

”わらじビーフカツ”と”わらじビーフカツ ハーフ”の違いは肉の量です。

”わらじビーフカツ”は160g

”わらじビーフカツ ハーフ”は90g

 

麒麟亭のわらじビーフカツハーフ定食わらじビーフカツハーフ定食

 

ビーフカツは薄い肉がミルフィーユ状に重ねてあるタイプでした。

衣サクサクでお肉はもちろん美味しい。

重くないので、ハーフじゃなくても完食できたかも。

 

麒麟亭の特上牛鍋特上牛鍋

 

お連れさんの注文。

特上牛鍋2,500円(税込み)を注文されました。

少し頂きましたがお肉がとろけるようでした。

 

お立ち寄りスポットはコチラ⇒京都駅周辺 立ち寄りスポット

今まで訪れた老舗の創業順一覧はコチラ⇒創業年表

 

麒麟亭 美食俱楽部 部員の感想

 

今年最後の営業日だったからか、お客さんは少なくゆっくりできました。

お店の方にたずねると、混み具合には波があるそうです。

わらじビーフカツが美味しかったので、他のメニューも試してみたくなりました。

 

また美味しいもの食べたい!働こう!

美食俱楽部 部員
やまもとしょうこ
美味しいものが食べたい。

どうすれば効率良く美味しいものにたどり着けるのか。

芸術のように良いものなら、時代を超えて受け継がれていくはず。

料理にも、あてはまるのでは?

伝統をたよりに、京都の老舗料理店を食べ歩いています。

美味しくても不味くても、事実を投稿。

  このブログを読んだ人と交流・情報交換が出来たらと思い、コメント欄を公開してますので、何か意見や情報があれば書き込んでください。

>>プロフィールを兼ねた”やまもと しょうこの味覚”の詳細はこちら<<

にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ にほんブログ村
グルメランキング
\ Follow me /

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA