四条(河原町~大宮)

近又 | 宿屋としても有名なお店でランチ

訪ねた日2019年6月15日(土)

近又の丸下駄近又の丸下駄

 

 

初めて近又キンマタの存在を知った時(雑誌で紹介されていたかな)、上記の下駄の写真もありました。

以来、近又というと丸下駄が浮かんできます。

阪急河原町駅から徒歩5分。
京阪祇園四条から徒歩10分。

とっても便利な立地にあります。

何度も前を通ることはあるのですが、来店は一度もなく。

近くて遠い存在。

しかし!
2019年4月よりカウンター席が設けられました。

敷居がすこし低くなったので、さっそく伺ってきました。

近又はこんな人におすすめ

・懐石を楽しみたい。

・なごやかに食事を楽しみたい人。

お店の人は皆さん、気さくなのでアットホームな雰囲気で過ごせました。

近又のようす

京都は、よく変わる所、まったく変わらない所が入り交じる。

海外からの観光客も増え、お店の淘汰が激しくなっています。

河原町通りや四条通りは、全国どこにでもあるお店が増え、京都らしさが少なくなり残念です。

近又はまったく変わらない所。

建物は明治20年代のもので、国の登録有形文化財にもなっています。

近又の外観近又の外観

 

近又の坪庭近又の坪庭

 

力が入りすぎ、予約の30分も前に来店。

快く席へ案内して下さり、他のお客さんも居なかったので、庭も拝見しました。

お昼でしたが、雲り空のため、あかりが灯っています。

近又のカウンター席近又のカウンター席

 

カウンターは9席。

照明は明るすぎず、落ち着いた雰囲気です。

カウンターの奥に鉄板もあり、夜にはお肉も提供されます。

店内には新しい木の香。

 

近又のお料理

お昼の懐石カウンター席(6,000円税サ込)を頂きました。

近又の献立近又の献立

 

近又の八寸近又の八寸

 

胡麻豆腐・・・自家製。美味しく頂けるのが、できあがりより12時間後とのことで逆算して作られています。なんて細やか。

鱧・・・今までにない肉厚なものでした。

肉にみたてた大徳寺麩、万願寺唐辛子、茄子田楽、

蛸小倉煮・・・小豆と一緒に煮込んだものです。とても柔らかい。

鴨ロース、枝豆、

ほおずきの中は白卵松風

近又八寸のほおずきの中八寸のほおずきの中

 

松風焼き・・・肉のすり身やひき肉に卵などのつなぎと調味料を混ぜて型に入れ、和菓子の「松風」のように上になる面にけしの実やごまなどを散らし、天火などで焼いた料理。普通、鶏ひき肉で作り、おせちにも用いる。◇「松風」と略す。鶏のものは「鳥松風」ともいう。 出典:コトバンク

 

白卵?
初めて聞きました。

お店の人いわく、お米だけを食べて育った鶏の卵。

黄味まで白いそうです。

味はとってもあっさりしているので、他の食材の邪魔をせず、ケシの風味も楽しめます。

近又の椀物椀物

 

豌豆エンドウのしんじょ・・・海老の存在感大きく、ゴロっと入っていて、海老好きにはたまらない。

蓮芋・・・はじめ鮮やかな緑色のズイキだなと思いました。シャキシャキとした食感であっさり。

冬子椎茸ドンコシイタケ・・・冬子椎茸がよい仕事をしているからでしょうか。お出汁が美味しい。

蓮芋・・・

ハスイモは里芋と同じサトイモ科サトイモ属の植物ですが、サトイモが主に根の部分を食べるのに対し、はす芋は根が大きくならず、サトイモの近縁種とされています。

根は食べられませんが、葉柄部分、いわゆるズイキのみを食用とするために栽培されています。 出典:旬の食材百科

 

冬子椎茸・・・丸型肉厚でまだ傘が開ききってないもので、表面に亀裂が入っているものの乾燥品を言います。1~2月頃に採取されます。味が良いので出し汁や煮こみ料理、中華料理などに使われます。肉厚なのでもどすのに時間がかかります。 出典:おいしいねっと

 

近又の向付向付

 

湯葉・・・見た目は豆腐のよう。もちろん味は湯葉でした。

縞鯵・・・脂がのっていて美味しかったです。細かく包丁も入れてあり、丁寧なお仕事が感じられます。

近又の炊合炊合

 

賀茂茄子、揚粟麩、獅子唐の上にたっぷりの大根おろし、生姜、花鰹。

子供の頃は茄子は好きではありませんでした。

年のせいか、茄子の特に炊いたものを美味しく感じる今日この頃。

粟麩・・・生麩(なまふ)に粟をまぜて黄色に蒸し上げたもの。

出典:コトバンク

粟をこのように食べるのは新鮮でした。味が絡めやすく、あますことなく炊合を堪能。

近又の御飯、焼物、香物御飯、焼物、香物

 

焼物はスズキ、だし巻き。

鱸・・・つけ焼きされた鱸。お刺身でよく食べますが、焼くのもいいですね。
調度よい味つけで、ごはんがすすむ。

香物は漬物、ちりめん山椒、椎茸昆布。

ちりめん山椒・・・ちりめんじゃこは、あえて小さいサイズにするこだわりの一品。

近又の水物水物

 

目の前で八代目主人が点てた抹茶。

水物は州浜スハマか青紫蘇シャーベットを選びます。

どちらも自家製。

私はシャーベットに。

梅雨時のジトジトを吹き飛ばすような爽やかさが口に広がります。

近又の水物(州浜)水物(州浜)

 

お連れさんは州浜に。

うぐいす粉ときな粉の2種類。

少し頂きました。

昔ながらの素朴な味で抹茶にピッタリ。

州浜・・・棹物サオモノ菓子の一。きな粉・白砂糖・水飴などを練って棒状にしたもので、切り口が州浜形になることからいう。豆飴(まめあめ)。また、素甘(すあま)のこと。  出典:コトバンク

近又近くの立ち寄りスポットはコチラ⇒河原町・烏丸立ち寄りスポット

美食俱楽部 部員 近又の感想

建物の雰囲気に圧倒されます。

しかし中に入れば、お店の人達の気配りが素晴らしく、寛いだ贅沢な時間を過ごせました。

カウンター席とお座敷で、それぞれに合った器を使い分けられているそうです。

今度はお座敷を利用してみたい。

今まで訪れた老舗の創業順一覧はコチラ⇒創業年表

一休.comで予約する。

近又の詳細

 

公式サイト 

住所〒604-8044 京都市中京区御幸町四条上ル
定休日水曜
電話075-221-1039
E-mailkaiseki@kinmata.com

 

また美味しいもの食べたい!働こう!

2019年5月~7月に行った中からのおすすめ

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA