二条城・西陣・御所 立ち寄りスポット

暑い日でもツルリと食べられる日本最古生麩専門店の麩饅頭|麩嘉【二条城・西陣・御所 立ち寄りスポット】

訪ねた日 2019年6月26日(水)

麩嘉の麩饅頭麩饅頭

 

日本で最古の生麩専門店、麩嘉フウカ

 

文化文政年間(1804‐30)創業。

麩には、良質な水が必要で、地下からくみ上げた水を使っています。

 

麩嘉の基本情報

 

アクセス京都市営地下鉄烏丸線「丸太町駅」から徒歩8分
住所京都市上京区東裏辻町413
電話番号075-231-1584
定休日月曜日、毎月最終日曜日
営業時間9:00~17:00
クレジットカード不可
駐車場あり(12台 ※無料)
ホームページhttp://www.fuka-kyoto.com/ *麩嘉錦店のホームページになります。

 

 

麩嘉はこんな人におすすめ

 

・和菓子が好きな人

・美味しい麩を食べたい人

・食べる場所にはこだわらない、美味しさ優先の人

 

麩嘉の様子

 

麩嘉の外観麩嘉の外観

 

麩嘉の内観麩嘉の内観

 

おもに料亭などへ販売されているので、個人が飲食するスペースは狭いです。

 

麩嘉での注文

 

麩嘉の麩饅頭麩饅頭

 

麩饅頭(226円税込)を頂きました。

個人より、主に料亭などへ販売されているので、予約するのがオススメです。

当日販売分が残っていれば、予約なしでも購入できます。

天婦羅専門店の喜久屋でも麩嘉の生麩が使われていました。

 

麩嘉の麩饅頭の中麩饅頭の中

 

食べかけの麩饅頭。

汚い?

いやいや、中身をみたい人もいるはず。

麩はツルン、それに合わせるかのようにサラリとしたこし餡で、滑らかに口の中へ。

この日は湿度が高く、お饅頭は重たいかなぁと思っていましたが、あっという間に完食。

食べたのかな?ってくらい、あっさりしていました。

 

麩嘉のよもぎ麩よもぎ麩

 

予約しておいた、よもぎ麩を持ち帰りました。

 

器の載せた『麩嘉』のよもぎ麩器の載せた、よもぎ麩

 

まずは、わさび醤油で頂きした。

口に入れると、よもぎの香が鼻を抜けていきます。

後日、田楽にもしました。

よもぎ好きには押さえておきたい一品です。

今まで訪れた老舗の創業順一覧はコチラ⇒創業年表

また美味しいもの食べたい!働こう!

2019年5月~7月に行った中からのおすすめ

美食俱楽部 部員
やまもとしょうこ
美味しいものが食べたい。

どうすれば効率良く美味しいものにたどり着けるのか。

芸術のように良いものなら、時代を超えて受け継がれていくはず。

料理にも、あてはまるのでは?

伝統をたよりに、京都の老舗料理店を食べ歩いています。

美味しくても不味くても、事実を投稿。

  このブログを読んだ人と交流・情報交換が出来たらと思い、コメント欄を公開してますので、何か意見や情報があれば書き込んでください。

>>プロフィールを兼ねた”やまもと しょうこの味覚”の詳細はこちら<<

にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ にほんブログ村
グルメランキング
\ Follow me /

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA