二条城・西陣・御所 立ち寄りスポット

華やかな干菓子が印象的|亀末広【二条城・西陣・御所 お立ち寄りスポット】

訪ねた日 2019年10月5日(土)

京都国際マンガミュージアムのそばにあります。

亀末廣の京のよすが小亀末廣の京のよすが小

 

亀末廣

 

文化元年(1804年)創業。

お茶のお稽古をしている人に喜ばれそうな和菓子の老舗。

 

亀末廣の基本情報

 

亀末廣の公式サイトが無かったので、京名物 百味會より

住所京都市中京区姉小路通烏丸東入ル
電話075-221-5110
営業時間午前8時~午後6時
定休日日祝日、正月
予約年末のみ要予約

 

 

亀末廣はこんな人におすすめ

 

・和菓子好きな人

・ありきたりな京都土産に飽きた人(亀末廣は百貨店への出店・支店など持っていないのでここでしか買えません。)

 

亀末廣の様子

亀末廣の外観亀末廣の外観

 

亀末廣の内観1亀末廣の内観

 

亀末廣の内観2亀末廣の内観

 

亀末廣の絹しずく亀末廣の絹しずく

 

亀末廣のご当主と一休寺が懇意にされているので、一休納豆を使って商品もありました。

亀末廣の注文

 

亀末廣の京のよすが亀末廣の「京のよすが」

 

亀末廣の名物「京のよすが」。

4畳半の茶室に見立ててあるそうです。

かわいい。うーん、しかし、量が多すぎる。

亀末廣の京のよすが小亀末廣の京のよすが小

 

京のよすがのコンパクトサイズ(1200円税込み)があるので、こちらを購入。

州浜はきな粉の味が濃厚でたまらない。

京のよすが小の下の段京のよすが小の下の段

 

二段になっています。内容は上下でほぼ同じ。

亀末廣の包装「京のよすが」の外箱

 

箱も華やか。

日持ちも3,4日とのことなので、お土産にすると喜ばれそう。

今まで訪れた老舗の創業順一覧はコチラ⇒創業年表

 

また美味しもの食べたい!働こう!

美食俱楽部 部員
やまもとしょうこ
美味しいものが食べたい。

どうすれば効率良く美味しいものにたどり着けるのか。

芸術のように良いものなら、時代を超えて受け継がれていくはず。

料理にも、あてはまるのでは?

伝統をたよりに、京都の老舗料理店を食べ歩いています。

美味しくても不味くても、事実を投稿。

  このブログを読んだ人と交流・情報交換が出来たらと思い、コメント欄を公開してますので、何か意見や情報があれば書き込んでください。

>>プロフィールを兼ねた”やまもと しょうこの味覚”の詳細はこちら<<

にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ にほんブログ村
グルメランキング
\ Follow me /

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA