二条城・西陣・御所 立ち寄りスポット

【二条・西陣・御所 立ち寄りスポット】北野天満宮|大福梅で新年の準備

訪ねた日 2019年12月15日(日)

 

北野天満宮の大福梅北野天満宮の大福梅

 

12月13日より大福梅の授与が始まりました。

部員も美味しいものを食べるのをかねて行ってきました。

北野天満宮

 

子供の頃、左効きをなおすため書道を習っていました。

書初めのお題は”うめ”でした。

最初に書いたものはバランスがとれず、貧相なものに。

先生から「もっと大きく書こう。」と言われ、のびのび書いたら合格。

あまりにも自由に書き過ぎて、左に名前を書ける余白がない。

「や  まも  と しょうこ」で良いよと言われ、腑に落ちないまま提出すると、特別賞を頂き北野天満宮で飾ってもらえました。

いまだに字の汚い私。

後にもこれからも、字を褒められることはこの時だけでしょう。

子供だった私には少し自信になりました。

しかし大人になり、気づいてしまうことに。

小学校の低学年の元気いっぱいの作品”うめ”⇒梅の名所⇒北野天満宮で展示

もしかして、そういうこと?

 

北野天満宮の基本情報

 

詳細はコチラをご参考にして下さい。

 

北野天満宮の大福梅とは?

 

大福梅・・・元旦の朝、祝膳の初茶として飲むもので、邪気を祓い、一年間生気に満ちた健康な日々を過ごすことを祈るものである。  出典:北野天満宮の公式サイト

 

北野天満宮で採取された梅を塩漬け・天日干しにしたものです。

ご利益ありそう。

 

大福梅の様子

 

北野天満宮の大福梅北野天満宮の大福梅

 

 

大福梅の包みを開けた中身大福梅の包みを開けた中身

 

1袋(約6粒)700円。

 

元旦に頂きます。

 

2020年元旦

 

元旦に頂いた大福梅元旦に頂いた大福梅

 

大福梅を一番に頂きました。

 

今まで訪れた老舗の創業順一覧はコチラ⇒創業年表

また美味しもの食べたい!働こう!

美食俱楽部 部員
やまもとしょうこ
美味しいものが食べたい。

どうすれば効率良く美味しいものにたどり着けるのか。

芸術のように良いものなら、時代を超えて受け継がれていくはず。

料理にも、あてはまるのでは?

伝統をたよりに、京都の老舗料理店を食べ歩いています。

美味しくても不味くても、事実を投稿。

  このブログを読んだ人と交流・情報交換が出来たらと思い、コメント欄を公開してますので、何か意見や情報があれば書き込んでください。

>>プロフィールを兼ねた”やまもと しょうこの味覚”の詳細はこちら<<

にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ にほんブログ村
グルメランキング
\ Follow me /

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA