祇園・東山

いもぼう平野屋 | 京都 円山公園内でランチ

訪ねた日2019年5月5日(日)

名物いもぼう(里芋、棒鱈)名物いもぼう(里芋、棒鱈)

 

元禄から300年以上つづく、一子相伝の技と味。

吉川英治、川端康成が美味と称した、いもぼう平野屋へ行ってきました。

 

いもぼう平野屋の基本情報

 

公式サイト

住所京都市東山区祇園町円山公園内(八坂神社北側)
TEL075-525-0026/075-525-0004
営業時間11:00-20:30(最終入店 19:30 L.O 20:00)年中無休
アクセス市バス:祇園バス停 徒歩約3分
京阪電車:祇園四条駅 徒歩約10分
阪急電車:河原町駅 徒歩約15分

 

いもぼう平野屋はこんな人におすすめ

・食事が甘いのはダメって人以外

いもぼうが甘いです。程よい甘さですが、食事の甘さが苦手な人には気になるかも。

 

いもぼう平野屋のようす

いもぼう平野屋の外観いもぼう平野屋の外観
いもぼう平野屋の内観(お座敷)いもぼう平野屋の内観(お座敷)
いもぼう平野屋の内観(お茶屋風)いもぼう平野屋の内観(お茶屋風)

大広間や個室もあります。

 

いもぼう平野屋の庭いもぼう平野屋の庭

ツツジが見頃でした。

いもぼう平野屋の残念なところ

お茶屋風の席を利用しました。

水戸黄門(1990年以降に生まれた人には伝わらないかな。むかし『水戸黄門』という時代劇がテレビで放映されていました)が旅の途中で休憩しそうで、雰囲気は良かったです。

座布団はひいてありますが、痩せた体形のため、帰る頃にはお尻が痛くなりました。

 

いもぼう平野屋のお料理

花御膳(3,000円税別)を頂きました。

お茶とお茶うけお茶とお茶うけ

お茶うけは、そばぼうろに似て素朴な味です。

 

いもぼうるいもぼうる

お茶うけは、やまといも100%の「いもぼうる」700円(税別)だそうです。

買って帰りました。

梅碗(ひさご玉子、京かまぼこ、椎茸、三つ葉、京湯葉、吸い口は山椒)梅碗(ひさご玉子、京かまぼこ、椎茸、三つ葉、京湯葉、吸い口は山椒)

名店はどこもお出汁が効いていて、ホッとする味

 

梅碗・・・5種の椀種が入った椀盛り。椀種は白身魚・えび・湯葉・しいたけなどが代表的で、吸い口にゆず・木の芽など季節のものを添える。◇5種類の椀種を、5枚ある梅の花びらになぞらえてこの名がある。出典:コトバンク

 

とろろのり巻(丸芋のり巻土佐酢かけ)とろろのり巻(丸芋のり巻土佐酢かけ)

口に入れると、のり巻から磯の香がして

「これぞ、山の幸と海の幸のマリアージュ」

土佐酢なので、酸味が強すぎず優しい味でした。

 

名物いもぼう(里芋、棒鱈)名物いもぼう(里芋、棒鱈)

 

味はほどよく甘いです。

この日は里芋でした。

芋は季節によって、里芋か海老芋になります。

海老芋は10月中旬から4月中旬
(収穫によってかわるので、気になる方はお店にご確認を)

 

 

祇園豆腐、和え物、香の物、ご飯祇園豆腐、和え物、香の物、ご飯

祇園豆腐は吉野葛の餡がかかり、芥子(真ん中の黄色)がのっています。

祇園豆腐・・・江戸時代、京都の八坂神社門前の二軒茶屋が売り出した田楽(でんがく)豆腐。平たく切った豆腐を串にさして両面を焼き、味噌たれを塗って上に麩粉(ふこ)などを振ったもの。    出典:コトバンク

 

和え物はこんにゃく、白みそ、ほうれん草でした。

いもぼう平野屋 美食俱楽部 部員のコメント

今回はじめて食べました。

これが噂の「いもぼう」ね。フムフム。

機会があれば、一度はどんな物か食べておきたいお料理です。

いもぼう平野屋近くのお立ち寄りスポット⇒祇園・東山 立ち寄りスポット

今まで訪れた老舗の創業順一覧はコチラ⇒創業年表

 

いもぼう平野屋の基本情報

 

公式サイト

 

また美味しいもの食べたい!働こう!

いもぼう平野屋を一休.comで予約する

2019年5月~7月に行った中からのおすすめ

 

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA