下鴨・北山

開晴亭|京都 北山にある老舗洋食のお店

開晴亭のメインの肉開晴亭のメインの肉

 

訪ねた日 2019年10月22日(火祝)

北山のほうには行く機会がないので、開晴亭の名前は知っていましたが、はじめて伺いました。

開晴亭

1910年創業の洋食の老舗。

フランス料理に特化する時期もありましたが今は、洋食を提供されています。

名物はクリームコロッケなど、クリーム系だそうです。

開晴亭のようす

開晴亭の外観開晴亭の外観

 

開晴亭のカウンター席開晴亭のカウンター席

 

開晴亭の内観開晴亭の内観

 

複数のテーブルごとに、パーティションで3つに仕切られています。

開晴亭のテーブル席開晴亭のテーブル席

開晴亭のお料理

旬を愉しむフランス料理、ポタージュやお肉料理またはお魚料理を選べるおすすめランチ!2,750円(税サ込)を頂きました。

こちらは一休のメニューになります。

一休で予約する。

開晴亭のアミューズ ブーシェ(小前菜)開晴亭のアミューズ ブーシェ(小前菜)

秋刀魚の瞬間燻製。

瞬間燻製は開晴亭で桜チップを使い、10分の高温で燻製にしたもの。

秋刀魚にナイフを入れると、こうばしい香りがしました。

秋刀魚の生臭さはなく、骨も取り除いてあるのでパクパク、食が進みます。

開晴亭のパン開晴亭のパン
開晴亭のポタージュスープ開晴亭のポタージュスープ

この日は焼きナスのポタージュスープでした。

焼きナスっ!?

と、はじめ思ったのですが、食べるとナスの味がほどよく美味しい。

開晴亭のオニオンスープ開晴亭のオニオンスープ

お連れさんは、オニオンスープにしました。

チーズも入って濃厚な味だけど、重くはないそうです。

開晴亭のメインの肉開晴亭のメインの肉

牛乳アレルギーがあるので、生クリームを使わないビーフストロガノフを頂きました。

牛乳を使わないので、コクがないかなと諦めていたのですが、充分美味しかったです。

バターライスと万願寺唐辛子が添えられていました。

開晴亭のメインの魚開晴亭のメインの魚

お連れさんは、メインは魚にしました。

開晴亭の一口カレー開晴亭の一口カレー

辛口で、一口食べて調度良い量でした。

開晴亭の食後の飲み物開晴亭の食後の飲み物

コーヒー、紅茶、ハーブティー(カモミール、ローズヒップ)から選べます。

美肌効果を期待してローズヒップティーを頂きました。

開晴亭ちかくのお立ち寄りスポットはコチラ⇒下鴨・北山 立ち寄りスポット

今まで訪れた老舗の創業順一覧はコチラ⇒創業年表

開晴亭 美食俱楽部 部員の感想

ビーフストロガノフにライスがついてきて、えっ、と思いましたが食べ進めるとお米がほしくなる。

なるほど。

コースだと、デザートがついていたりしますが、オプションで選べるのが嬉しい。

色んなお店を楽しみたいですよね。

このあと、みたらし団子発祥の地、下鴨神社を散策。

近くの「加茂みたらし茶屋」でみたらし団子を頂く予定です。

 

一休で予約する。

開晴亭の基本情報

公式サイト⇒開晴亭

住所京都市左京区下鴨前萩町5-8
電話075-706-6966
営業時間昼 11:30 ~ 15:00(14:00)
夜 17:00 ~ 22:00(20:00)
※()内の時間はラストオーダーの時間です。
定休日火曜
アクセス地下鉄烏丸線北山駅下車1番出口より東へすぐ

 

また美味しいもの食べたい!働こう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA