伏見・醍醐

秀吉も立ち寄ったといわれる老舗で雀をいただく|祢ざめ家

訪ねた日 2020年2月8日(土)

 

祢ざめ家のいなりずし祢ざめ家のいなりずし

 

年を重ねると味覚がかわるんだなと鯖姿寿司をたべて実感しました。
以前たべて苦手意識のあるスズメもそうかも。

調べてみると、スズメ猟の解禁期間があるのを知りました。
北海道以外では11/15~2/15です。

今ならちょうど鮮度のよいスズメが頂けると思い、伏見稲荷へむかいました。
稲を食べる害鳥への懲らしめともされる「雀の焼鳥」。
せっかくなのでスズメ・稲荷寿司を、祢ざめ家と稲福で食べ比べることに。

 

祢ざめ家

 

創業1540年。

豊臣秀吉が早朝に稲荷大社を詣でました。
一軒だけ開いていたこの店でお茶を飲み、たいそう喜び、妻の「祢々」の字を使うことをゆるし「祢ざめ家」と名乗るようになったとか。

祢ざめ家の基本情報

 

公式サイトはコチラ

住所京都市伏見区深草御前町82
電話075-641-0802
営業時間10:00~16:30(ラストオーダー:16:00)
定休日不定休
駐車場なし

 

 

祢ざめ家のようす

 

祢ざめ家の外観祢ざめ家の外観

 

祢ざめ家の軒先祢ざめ家の軒先

 

食べ歩きように軒先でも雀や鶉が焼かれます。

祢ざめ家の内観祢ざめ家の内観

 

 

祢ざめ家のお料理

 

祢ざめ家のメニュー1祢ざめ家のメニュー

 

祢ざめ家のメニュー2祢ざめ家のメニュー

 

祢ざめ家のメニュー3祢ざめ家のメニュー

 

焼き鳥雀500円といなりずし1,050円(税込み)をいただきました。

 

祢ざめ家の雀祢ざめ家の雀

 

タレは醤油ベース。肉質は焼き過ぎた肉のようにギュッとして肉汁がなく、噛みごたえがあります。

以前、伏見稲荷大社そばの露店で食べた雀はレバーの風味が口にいれた途端にひろがりました。野性味がつよいので、山椒をいっぱいかけてあるのに納得した記憶があります。

祢ざめ家さんの雀はレバー風味はいっさいなく。山椒はお好みでとありましたが、事前にかけられてはいませんでした。

祢ざめ家のいなりずし祢ざめ家のいなりずし

 

祢ざめ家のいなりずしの中身祢ざめ家のいなりずしの中身

 

麻の実(左一番下)がはいっています。
所々にはいっている麻の実をかみ砕くと、風味が軽く広がりアクセントになり美味しい。

 

祢ざめ家美食俱楽部 部員の感想

 

祢ざめ家の名物だけあって、麻の実入りのいなりずし美味しかったです。
目当ての雀は以前たべたものと全然ちがっていました。あの記憶はなんだったんだろう。

むしょうにアノ雀がたべたい!ってほどではないですが美味しく頂きました。

 

お立ち寄りスポットはコチラ⇒伏見・醍醐 立ち寄りスポット

今まで訪れた老舗の創業順一覧はコチラ⇒創業年表

また美味しいもの食べたい!働こう!

美食俱楽部 部員
やまもとしょうこ
美味しいものが食べたい。

どうすれば効率良く美味しいものにたどり着けるのか。

芸術のように良いものなら、時代を超えて受け継がれていくはず。

料理にも、あてはまるのでは?

伝統をたよりに、京都の老舗料理店を食べ歩いています。

美味しくても不味くても、事実を投稿。

  このブログを読んだ人と交流・情報交換が出来たらと思い、コメント欄を公開してますので、何か意見や情報があれば書き込んでください。

>>プロフィールを兼ねた”やまもと しょうこの味覚”の詳細はこちら<<

にほんブログ村 グルメブログ 京都食べ歩きへ にほんブログ村
グルメランキング
\ Follow me /

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA